2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題18】第三分野の一般的な商品性

問題18

医療保険およびガン保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 医療保険では、人間ドック等の治療を目的としない入院をし、異常が発見されなかった場合は、入院給付金を受け取ることができない。
  2. 更新型の医療保険では、保険期間中に入院給付金を受け取った場合、保険期間満了時にこの契約を更新することはできない。
  3. ガン保険の入院給付金は、ガンによる入院の1回の支払日数や通算の支払日数に制限はない。
  4. ガン保険は、責任開始までに一定の免責期間が設けられており、この期間中に被保険者がガンと診断確定された場合には、ガン診断給付金を受け取ることができない。

[正解]  (不適切)

  1. 医療保険では、人間ドック等の治療を目的としない入院をし、異常が発見されなかった場合は、入院給付金を受け取ることができない。
  2. [解説]
    治療を目的としない入院の場合、異常が発見されて治療を受けない限り、入院給付金を受け取ることはできない。なお、保険会社によっては人間ドックの割引サービスが付帯されている。

  3. 更新型の医療保険では、保険期間中に入院給付金を受け取った場合、保険期間満了時にこの契約を更新することはできない。
  4. [解説]
    保険期間中に入院給付金を受け取ったとしても、この契約を更新することはできる。

  5. ガン保険の入院給付金は、ガンによる入院の1回の支払日数や通算の支払日数に制限はない。
  6. [解説]
    ガン保険は、医療保険と異なり、入院の1回の支払日数や通算の支払日数に制限はない。

  7. ガン保険は、責任開始までに一定の免責期間が設けられており、この期間中に被保険者がガンと診断確定された場合には、ガン診断給付金を受け取ることができない。
  8. [解説]
    ガン保険は90日間お免責期間が設けられているのが一般的で、この期間中にガンと診断されてもガン診断給付金を受け取ることはできない。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...