2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題22】上場投資信託(ETF)

問題22

上場投資信託(ETF)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 東京証券取引所には、日本株式、外国株式、債券、REIT等の指数や指標に連動するETFが上場されている。
  2. ETFは、売買の際に上場株式と同様に売買委託手数料がかかるが、非上場の投資信託とは異なり、運用管理費用(信託報酬)は徴収されない。
  3. ETFの分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)とがあり、税務上、普通分配金は課税対象となり、元本払戻金(特別分配金)は非課税となる。
  4. TOPIXインバース指数に連動するETFは、TOPIXの前営業日に対する変動率の2倍となるように計算された指数に連動するように運用されている。

[正解]  (適切)

  1. 東京証券取引所には、日本株式、外国株式、債券、REIT等の指数や指標に連動するETFが上場されている。
  2. [解説]
    ETF(株価指数連動型上場投資信託)は、日経平均株価やTOPIX等の指数に連動するよう運用された投資信託である。

  3. ETFは、売買の際に上場株式と同様に売買委託手数料がかかるが、非上場の投資信託とは異なり、運用管理費用(信託報酬)は徴収されない。
  4. [解説]
    ETFは、売買時に売買委託手数料がかかり、保有時には運用管理費用(信託報酬)が徴収される。

  5. ETFの分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)とがあり、税務上、普通分配金は課税対象となり、元本払戻金(特別分配金)は非課税となる。
  6. [解説]
    ETFは上場投資信託であり、株式と同じように受け取った分配金に対して課税されるため、投資信託(非上場)のような特別分配金はない。

  7. TOPIXインバース指数に連動するETFは、TOPIXの前営業日に対する変動率の2倍となるように計算された指数に連動するように運用されている。
  8. [解説]
    インバース型はベア型の上場投資信託で、インデックスの負の倍数の値動きになる指数である。インデックスが下落局面で大きな利益を得ることを目的としている。取引に際してはETFを取り扱う口座(証券口座やETF専用口座)を利用する。信用取引の場合、信用取引用の口座を開設し、証拠金が必要となるが、ETFはそれらが不要となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...