2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題24】相場指標

問題24

株式市場の各種指数に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部に上場している代表的な225銘柄を対象として算出した指数である。
  2. ジャスダック・インデックスは、ジャスダック市場に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出した指数である。
  3. ナスダック総合指数は、米国のナスダック市場に上場している米国株式の30銘柄を対象として算出した指数である。
  4. S&P500種株価指数は、ロンドン証券取引所に上場している代表的な500銘柄を対象として算出した指数である。

[正解]  (適切)

  1. 東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部に上場している代表的な225銘柄を対象として算出した指数である。
  2. [解説]
    東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部に上場している全銘柄を対象として算出した指数である。時価総額の大きい銘柄(大型株)の影響を受けやすい。

  3. ジャスダック・インデックスは、ジャスダック市場に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出した指数である。
  4. [解説]
    ジャスダック・インデックスは、ジャスダック市場に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出した指数である。ジャスダックは株式会社東京証券取引所(東証)が運営する株式市場で、東京証券取引所(東証)は、市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQ及びTOKYO PRO Marketの5つの株式市場を開設している。

  5. ナスダック総合指数は、米国のナスダック市場に上場している米国株式の30銘柄を対象として算出した指数である。
  6. [解説]
    ナスダックは米国にある新興企業向けの株式市場で、ナスダック総合指数は、ナスダックに上場する全銘柄を対象として算出した指標である。

  7. S&P500種株価指数は、ロンドン証券取引所に上場している代表的な500銘柄を対象として算出した指数である。
  8. [解説]
    S&P500種株価指数は、米国の格付け会社であるS&Pが算出している米国の代表的な株価指数で、ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している大型株500銘柄の株価を基準にした時価総額加重平均型の指数である。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...