2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題27】ポートフォリオ運用

問題27

効率的市場仮説に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 効率的市場仮説では、投資家にとって最適なポートフォリオは、無リスク資産と市場ポートフォリオによって構成されるとする。
  2. 効率的市場仮説では、無リスク資産と市場ポートフォリオの組入比率は、投資家のリスク許容度の大きさに応じて調整すべきとされている。
  3. 効率的市場仮説では、すべての利用可能な情報が完全に市場価格に反映されていると仮定する。
  4. 効率的市場仮説では、市場が効率的であれば、現在利用可能な情報を利用して、将来の価格変動を予測することができるとされている。

[正解]  (不適切)

  1. 効率的市場仮説では、投資家にとって最適なポートフォリオは、無リスク資産と市場ポートフォリオによって構成されるとする。
  2. [解説]
    ポートフォリオ理論は、市場は効率的であることを前提としている。投資家にとって最適なポートフォリオはリスクの中で最も高いリターンを得られるポートフォリオである。どの程度のリスクを取れるか、リスク許容度は人によって異なり、国債などの無リスク資産と市場ポートフォリオの組み入れ比率によって調整される。なお、市場ポートフォリオとは、市場にあるすべての銘柄を、各銘柄の時価総額の構成比率に合わせて購入したポートフォリオを指す。

  3. 効率的市場仮説では、無リスク資産と市場ポートフォリオの組入比率は、投資家のリスク許容度の大きさに応じて調整すべきとされている。
  4. [解説]
    どの程度のリスクを取れるか、リスク許容度は人によって異なり、国債などの無リスク資産と市場ポートフォリオの組み入れ比率によって調整される。

  5. 効率的市場仮説では、すべての利用可能な情報が完全に市場価格に反映されていると仮定する。
  6. [解説]
    効率的市場仮説は、現在利用可能な情報はすべて株式市場に盛り込まれており、株価の予測は不可能であるという考え方である。

  7. 効率的市場仮説では、市場が効率的であれば、現在利用可能な情報を利用して、将来の価格変動を予測することができるとされている。
  8. [解説]
    効率的市場仮説は、現在利用可能な情報はすべて株式市場に盛り込まれており、株価の予測は不可能であるという考え方である。株価の動きはランダムであり、超過リターン(リスクに見合うリターンを超えるリターン)を得られないとしている。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...