2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題28】NISA

問題28

「ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)」および「つみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)」に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、ジュニアNISAにより投資収益が非課税となる口座をジュニアNISA口座、つみたてNISAにより投資収益が非課税となる勘定をつみたてNISA勘定という。

  1. ジュニアNISA口座の投資上限金額は、年間120万円である。
  2. ジュニアNISA口座では、口座開設者が3月31日において20歳である年の前年の12月31日まで、払出し制限がある。
  3. つみたてNISA勘定を通じて購入することができる限度額(非課税投資枠)は、年間40万円である。
  4. つみたてNISA勘定を通じて公募株式投資信託を購入した場合、その譲渡益が非課税となるのは最長で5年間である。

[正解]  (適切)

  1. ジュニアNISA口座の投資上限金額は、年間120万円である。
  2. [解説]
    ジュニアNISA口座の年間投資上限金額は、80万円である。年間120万円の非課税枠があるのは一般のNISAである。

  3. ジュニアNISA口座では、口座開設者が3月31日において20歳である年の前年の12月31日まで、払出し制限がある。
  4. [解説]
    ジュニアNISAは20歳未満の子一人につき年間80万円までの非課税枠をりようできる制度だが、18歳までは払い出しに制限がある。

  5. つみたてNISA勘定を通じて購入することができる限度額(非課税投資枠)は、年間40万円である。
  6. [解説]
    つみたてNISAは年間40万円、最大20年間で800万円まで非課税枠を利用できる。

  7. つみたてNISA勘定を通じて公募株式投資信託を購入した場合、その譲渡益が非課税となるのは最長で5年間である。
  8. [解説]
    一般のNISAやジュニアNISAの非課税期間は5年間だが、つみたてNISAは20年間である。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...