2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題51】贈与の種類

問題51

民法上の贈与に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 贈与契約は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思表示をすることにより成立し、相手方が受諾する必要はない。
  2. 定期贈与とは、贈与者が受贈者に対して定期的に財産を給付することを目的とする贈与をいう。
  3. 負担付贈与とは、贈与者が受贈者に対して一定の債務を負担させることを条件とする贈与をいう。
  4. 死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力が生じる贈与をいう。

[正解]  (不適切)

  1. 贈与契約は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思表示をすることにより成立し、相手方が受諾する必要はない。
  2. [解説]
    意思表示と承諾で(実際に目的物を贈与しなくても)成立する契約を諾成契約という。贈与契約は諾成契約であり、相手方が受託する必要がある。

  3. 定期贈与とは、贈与者が受贈者に対して定期的に財産を給付することを目的とする贈与をいう。
  4. [解説]
    定期の給付を目的とする贈与契約(定期贈与契約)は、定期的に一定額を贈与する契約だが、どちらか一方が死亡した場合は効力を失う。

  5. 負担付贈与とは、贈与者が受贈者に対して一定の債務を負担させることを条件とする贈与をいう。
  6. [解説]
    負担付贈与契約は、「土地を譲渡する代わりに、親族の介護をお願いする」のような贈与契約で、この例であれば介護をしなければ贈与契約の解除をすることができる。

  7. 死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力が生じる贈与をいう。
  8. [解説]
    死因贈与契約は、贈与者の死亡によってその効力を生じる贈与である。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...