2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題56】金融資産の相続税評価

問題56

各種金融資産の相続税評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 外貨定期預金の価額の円貨換算については、原則として、取引金融機関が公表する課税時期における対顧客直物電信買相場(TTB)またはこれに準ずる相場による。
  2. 金融商品取引所に上場されている利付公社債の価額は、次式により計算された金額によって評価する。
  3. 相続開始時において、保険事故がまだ発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、課税時期における既払込保険料相当額により評価する。
  4. 金融商品取引所に上場されている不動産投資信託の受益証券の価額は、上場株式に関する評価の定めに準じて評価する。

[正解]  (不適切)

  1. 外貨定期預金の価額の円貨換算については、原則として、取引金融機関が公表する課税時期における対顧客直物電信買相場(TTB)またはこれに準ずる相場による。
  2. [解説]
    相続税や贈与税を計算する場合の外貨は、円貨に換算する必要がある。この場合の円貨への換算は、原則として、取引金融機関が公表する課税時期(相続の場合は被相続人の死亡の日、贈与の場合は贈与により財産を取得した日)における最終の対顧客直物電信買相場(TTB)又はこれに準ずる相場により行う。

  3. 金融商品取引所に上場されている利付公社債の価額は、次式により計算された金額によって評価する。
  4. [解説]
    金融商品取引所に上場されている利付公社債の評価額は、「(課税時期の最終価格+源泉所得税相当額控除後の既経過利息の額)×券面額/100円」で求める。

  5. 相続開始時において、保険事故がまだ発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、課税時期における既払込保険料相当額により評価する。
  6. [解説]
    保険事故がまだ発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、課税時期における解約返戻金相当額により評価する。

  7. 金融商品取引所に上場されている不動産投資信託の受益証券の価額は、上場株式に関する評価の定めに準じて評価する。
  8. [解説]
    不動産投資信託の受益証券のうち、金融商品取引所に上場されているものについては、上場株式の評価の定めに準じて評価する。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...