2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題57】不動産評価額

問題57

相続税における宅地の評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 登記上2筆の土地である宅地の価額は、これを一体として利用している場合であっても、原則として、2画地として別々に評価しなければならない。
  2. 宅地の評価方法には、路線価方式と倍率方式とがあり、いずれの方式を採用するかは、納税者が任意に選択することができる。
  3. 路線価図において、路線に「200D」と記載されている場合、「200」はその路線に面する標準的な宅地1㎡当たりの価額が200千円であることを示し、「D」はその路線に面する宅地の借地権割合が60%であることを示している。
  4. 倍率方式とは、宅地の固定資産税評価額に奥行価格補正率等の補正率を乗じて算出した金額によって、宅地の価額を評価する方式である。

[正解]  (適切)

  1. 登記上2筆の土地である宅地の価額は、これを一体として利用している場合であっても、原則として、2画地として別々に評価しなければならない。
  2. [解説]
    登記上2筆の土地であっても、一体として利用している場合には、原則として、一体として評価しなければならない。

  3. 宅地の評価方法には、路線価方式と倍率方式とがあり、いずれの方式を採用するかは、納税者が任意に選択することができる。
  4. [解説]
    宅地の評価方法には、路線価方式と倍率方式とがあるが、どちらの方式になるかはあらかじめ決められている。

  5. 路線価図において、路線に「200D」と記載されている場合、「200」はその路線に面する標準的な宅地1㎡当たりの価額が200千円であることを示し、「D」はその路線に面する宅地の借地権割合が60%であることを示している。
  6. [解説]
    「200」の単位は千円である。また借地権割合はAの90%が最も高く、10%ずつ減る。B80%、C70%、D60%、E50%、F40%、G30%の7区分ある。

  7. 倍率方式とは、宅地の固定資産税評価額に奥行価格補正率等の補正率を乗じて算出した金額によって、宅地の価額を評価する方式である。
  8. [解説]
    宅地の固定資産税評価額に奥行価格補正率等の補正率を乗じて算出するのは、路線価方式である。倍率方式は、宅地の固定資産税評価額にあらかじめ決められた倍率を乗じて算出する。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...