2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題59】遺産分割対策

問題59

遺産分割対策に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 公正証書遺言により遺産分割方法を指定しておくことは、遺産分割における相続人間のトラブルの発生を防止する対策として効果的である。
  2. 分割が困難な土地を所有している場合に、相続開始前に相続人間で分割がしやすい資産に入れ替えておくことは、遺産分割対策として効果的である。
  3. 被相続人が生前に推定相続人と話し合い、相続の放棄をする旨を家庭裁判所に申述させることは、遺産分割対策として効果的である。
  4. 代償分割を予定している場合、特定の財産(遺産)を取得する相続人は、他の相続人に対して代償債務を負担しなければならないため、相続開始前に代償債務の履行財源(現金その他の財産)を確保しておくことが望ましい。

[正解]  (不適切)

  1. 公正証書遺言により遺産分割方法を指定しておくことは、遺産分割における相続人間のトラブルの発生を防止する対策として効果的である。
  2. [解説]
    公正証書遺言は、自筆証書や秘密証書と比べ、遺言作成時に費用はかかるが、法的要件を満たしていないなどの問題を抱える可能性は少なく、相続のトラブル防止の第一歩として効果的である。

  3. 分割が困難な土地を所有している場合に、相続開始前に相続人間で分割がしやすい資産に入れ替えておくことは、遺産分割対策として効果的である。
  4. [解説]
    分割が困難な土地が資産に含まれている場合、可能であれば現金化するなど分割しやすい資産にしておくことで、財産の相続についてトラブルを防止しやすくなる。

  5. 被相続人が生前に推定相続人と話し合い、相続の放棄をする旨を家庭裁判所に申述させることは、遺産分割対策として効果的である。
  6. [解説]
    遺産分割対策として効果的であるかどうか以前に、相続の放棄を生前に行うことができない。

  7. 代償分割を予定している場合、特定の財産(遺産)を取得する相続人は、他の相続人に対して代償債務を負担しなければならないため、相続開始前に代償債務の履行財源(現金その他の財産)を確保しておくことが望ましい。
  8. [解説]
    他の相続人に代償債務を負担しなければならない相続人は、スムーズな遺産分割のためにも、早めに代償債務の財源を確保しておくとよい。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...