2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題10】決算書に基づく経営分析指標

問題10

決算書に基づく経営分析指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 固定比率は、自己資本(株主資本)に対する固定資産の割合を示したものであり、一般に、この数値が高い方が財務の健全性が高いと判断される。
  2. 損益分岐点売上高は、「固定費÷限界利益率」の算式によって求めることができる。
  3. 自己資本比率(株主資本比率)は、総資産に対する自己資本(株主資本)の割合を示したものであり、一般に、この数値が高い方が財務の健全性が高いと判断される。
  4. 当座比率は、その企業の短期の負債に対する当座資産による支払能力を評価するための指標であり、一般に、この数値が高い方が望ましいとされる。

[正解]  (不適切)

  1. 固定比率は、自己資本(株主資本)に対する固定資産の割合を示したものであり、一般に、この数値が高い方が財務の健全性が高いと判断される。
  2. [解説]
    不適切である。固定比率は、自己資本(株主資本)に対する固定資産の割合を示したものであり、一般に、この数値が「低い」方が財務の健全性が高いと判断される。
    固定比率 = 固定資産 ÷ 自己資産 × 100(%)

  3. 損益分岐点売上高は、「固定費÷限界利益率」の算式によって求めることができる。
  4. [解説]
    適切である。損益分岐点売上高は、「固定費÷限界利益率」の算式によって求めることができる。
    損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益率

  5. 自己資本比率(株主資本比率)は、総資産に対する自己資本(株主資本)の割合を示したものであり、一般に、この数値が高い方が財務の健全性が高いと判断される。
  6. [解説]
    適切である。自己資本比率(株主資本比率)は、総資産に対する自己資本(株主資本)の割合を示したものであり、一般に、この数値が高い方が財務の健全性が高いと判断される。
    自己資本比率 = 自己資本 ÷ 総資産(総資本) × 100(%)

  7. 当座比率は、その企業の短期の負債に対する当座資産による支払能力を評価するための指標であり、一般に、この数値が高い方が望ましいとされる。
  8. [解説]
    適切である。当座比率は、その企業の短期の負債に対する当座資産による支払能力を評価するための指標であり、一般に、この数値が高い方が望ましいとされる。
    当座比率 = 当座資産 ÷ 流動負債 ×100(%)


[要点のまとめ]



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...