2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題16】傷害保険の一般的な商品性

問題16

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 家族傷害保険の被保険者は、被保険者本人、配偶者、被保険者本人または配偶者と生計を共にする同居の親族および別居の未婚の子であり、その続柄は保険契約時におけるものによる。
  2. 国内旅行傷害保険では、国内旅行中にかかった細菌性食中毒は補償の対象とならない。
  3. 普通傷害保険では、日本国外における業務中の事故によるケガも補償の対象となる。
  4. 海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間の事故によって被った損害を補償の対象としており、国内移動中の事故によって被った損害は補償の対象とならない。

[正解]  (適切)

  1. 家族傷害保険の被保険者は、被保険者本人、配偶者、被保険者本人または配偶者と生計を共にする同居の親族および別居の未婚の子であり、その続柄は保険契約時におけるものによる。
  2. [解説]
    不適切である。家族傷害保険の被保険者は、被保険者本人、配偶者、被保険者本人または配偶者と生計を共にする同居の親族および別居の未婚の子であり、その続柄は「事故発生時」におけるものによる。

  3. 国内旅行傷害保険では、国内旅行中にかかった細菌性食中毒は補償の対象とならない。
  4. [解説]
    不適切である。国内旅行傷害保険では、国内旅行中にかかった細菌性食中毒は補償の対象である。なお、海外旅行傷害保険も細菌性食中毒は補償の対象となる。

  5. 普通傷害保険では、日本国外における業務中の事故によるケガも補償の対象となる。
  6. [解説]
    適切である。普通傷害保険では、日本国外における業務中の事故によるケガも補償の対象となる。普通傷害保険は、国内外における日常生活・業務中の傷害を補償の対象としているが、地震や細菌性食中毒は補償の対象外である。

  7. 海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間の事故によって被った損害を補償の対象としており、国内移動中の事故によって被った損害は補償の対象とならない。
  8. [解説]
    不適切である。海外旅行傷害保険は、家を出発してから帰宅するまでの事故によって被った損害を補償の対象としている。


[要点のまとめ]

<傷害保険>
1.普通傷害保険
国内外問わず、業務内外問わず、補償の対象となる。病気や細菌性食中毒、地震や噴火・津波を原因とする傷害は対象外
2.国内旅行傷害保険
国内旅行中の傷害を補償する保険で、地震などによる傷害は対象外だが、細菌性食中毒は補償の対象となる。
3.海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険とは違い、地震等による傷害も対象となる。細菌性食中毒も補償の対象である。

<任意自動車保険>
1.対人倍書保険
親族は他人に該当せず、保障の対象外となる。
2.対物賠償保険
自宅の壁や塀を壊した場合は対象外である。
3.人身傷害保険・搭乗者傷害保険
・保障内容は似ている部分があり、運転者や同乗者のケガが対象となる。
・人身傷害保険は、過失の有無にかかわらず実際の損害額が支払われる。
・搭乗者傷害保険は、症状や部位ごとに決められた金額が支払われる。
4.自損事故保険
・対物賠償保険は相手がいれば対象になるが、相手のいないガードレールにぶつかるなどしてケガをした場合に対応。
・運転者や同乗者の死傷を補償する。
5.車両保険
・単独事故などで相手がいない場合の自動車修理のための保険

<自賠責保険>
1.保険金の限度額
(1) 死亡 3,000万円
(2) 傷害 120万円
(3) 後遺障害 75万円~4,000万円
2.保険の対象
対人賠償のみだが、任意保険で対象外となる親族も被害者保護の観点から補償の対象となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...