2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題19】第三分野の保険の一般的な商品性

問題19

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 特定疾病保障保険は、ガンに罹患して特定疾病保障保険金が支払われた後も契約が存続し、ガンが再発した場合には、特定疾病保障保険金が再度支払われる。
  2. 所得補償保険は、被保険者が保険会社所定の病気により就業不能になった場合には補償の対象となるが、ケガにより就業不能になった場合には補償の対象とならない。
  3. 医療保険(更新型)は、所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取ったとしても、契約を更新することができる。
  4. ガン保険は、契約日の翌日に被保険者がガンと診断された場合、診断給付金が支払われる。

[正解]  (適切)

  1. 特定疾病保障保険は、ガンに罹患して特定疾病保障保険金が支払われた後も契約が存続し、ガンが再発した場合には、特定疾病保障保険金が再度支払われる。
  2. [解説]
    不適切である。特定疾病保障保険は、ガンに罹患して特定疾病保障保険金が支払われると、契約は消滅する。特定疾病保障保険の保険金を受け取らず、死亡した場合は、三大疾病以外の疾病でも支払われる。

  3. 所得補償保険は、被保険者が保険会社所定の病気により就業不能になった場合には補償の対象となるが、ケガにより就業不能になった場合には補償の対象とならない。
  4. [解説]
    不適切である。所得補償保険は、ケガによる就業不能の場合も補償の対象となる。入院中だけでなく、自宅療養中でも就業不能の状態であれば補償の対象となる。

  5. 医療保険(更新型)は、所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取ったとしても、契約を更新することができる。
  6. [解説]
    適切である。医療保険(更新型)は、所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取ったとしても、契約を更新することができる。医療保険(更新型)は、更新ごとに保険料が上がるが、医療保険(終身型)の保険料は一定となる。

  7. ガン保険は、契約日の翌日に被保険者がガンと診断された場合、診断給付金が支払われる。
  8. [解説]
    不適切である。一般的にガン保険は、責任開始日から90日間の免責期間があるため、契約日の翌日に被保険者がガンと診断された場合、診断給付金は支払われない。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...