2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題23】上場投資信託(ETF)

問題23

上場投資信託(ETF)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. ETFは、証券取引所の立会時間中、成行注文や指値注文による売買が可能である。
  2. 証券取引所を通じて行うETFの取引では、信用取引を行うことはできない。
  3. ETFの分配金を受け取るためには、ETFの決算日(権利確定日)において所有者になっている必要がある。
  4. ETFには、日経平均株価やTOPIXなどの指標の日々の変動率に一定の正の倍数を乗じて算出される指数に連動するレバレッジ型や、当該指標の日々の変動率に一定の負の倍数を乗じて算出される指数に連動するインバース型がある。

[正解]  (不適切)

  1. ETFは、証券取引所の立会時間中、成行注文や指値注文による売買が可能である。
  2. [解説]
    ETFは、証券取引所の立会時間中、成行注文(価格を指定しない方法)や指値注文(価格を指定する方法)による売買が可能である。

  3. 証券取引所を通じて行うETFの取引では、信用取引を行うことはできない。
  4. [解説]
    証券取引所を通じて行うETFの取引では、信用取引を行うことができる。

  5. ETFの分配金を受け取るためには、ETFの決算日(権利確定日)において所有者になっている必要がある。
  6. [解説]
    ETFの分配金を受け取るためには、ETFの決算日(権利確定日)において所有者になっている必要がある。

  7. ETFには、日経平均株価やTOPIXなどの指標の日々の変動率に一定の正の倍数を乗じて算出される指数に連動するレバレッジ型や、当該指標の日々の変動率に一定の負の倍数を乗じて算出される指数に連動するインバース型がある。
  8. [解説]
    ETFには、日経平均株価やTOPIXなどの指標の日々の変動率に一定の正の倍数(2倍など)を乗じて算出される指数に連動するレバレッジ(ブル)型や、当該指標の日々の変動率に一定の負の倍数(-1倍や-2倍など)を乗じて算出される指数に連動するインバース(ベア)型がある。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...