2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題24】固定利付債券

問題24

固定利付債券(個人向け国債を除く)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 債券を発行体の信用度で比較した場合、他の条件が同じであれば、発行体の信用度が高い債券の方が債券の価格は低い。
  2. 債券を償還までの期間の長短で比較した場合、他の条件が同じであれば、償還までの期間が長い債券の方が、利回りの変化に対する価格の変動幅は大きくなる。
  3. 表面利率が最終利回りよりも低い債券の価格は、額面価格を下回る。
  4. 市場金利が上昇すると、通常、債券の利回りは上昇し、債券の価格は下落する。

[正解]  (不適切)

  1. 債券を発行体の信用度で比較した場合、他の条件が同じであれば、発行体の信用度が高い債券の方が債券の価格は低い。
  2. [解説]
    債券を発行体の信用度で比較した場合、他の条件が同じであれば、発行体の信用度が高い債券の方が債券の価格は高い。発行体の信用度が高い債券ほど、債券価格は高く、金利は低くなる。

  3. 債券を償還までの期間の長短で比較した場合、他の条件が同じであれば、償還までの期間が長い債券の方が、利回りの変化に対する価格の変動幅は大きくなる。
  4. [解説]
    債券を償還までの期間の長短で比較した場合、他の条件が同じであれば、償還までの期間が長い債券の方が、利回りの変化に対する価格の変動幅は大きくなる。

  5. 表面利率が最終利回りよりも低い債券の価格は、額面価格を下回る。
  6. [解説]
    表面利率が最終利回りよりも低くなるためには、額面(100円)よりも低い価格で購入しなければならない。そのため、表面利率が最終利回りよりも低い債券の価格は、額面価格を下回る。

  7. 市場金利が上昇すると、通常、債券の利回りは上昇し、債券の価格は下落する。
  8. [解説]
    市場金利が上昇すると、通常、債券の利回りは上昇し、債券の価格は下落する。金利と債券価格は逆の動きをするため、金利が上昇すれば債券価格は下落し、金利が下落すれば、債券価格は上昇する。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...