2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題31】税制全般

問題31

わが国の税制に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 所得税では、課税対象となる所得を10種類に区分し、それぞれの所得の種類ごとに定められた計算方法により所得の金額を計算する。
  2. 相続税では、納税者が申告をした後に、税務署長が納付すべき税額を決定する賦課課税方式を採用している。
  3. 税金を負担する者と税金を納める者が異なる税金を間接税といい、消費税は間接税に該当する。
  4. 税金には、国税と地方税とがあるが、法人税は国税に該当し、事業税は地方税に該当する。

[正解]  (不適切)

  1. 所得税では、課税対象となる所得を10種類に区分し、それぞれの所得の種類ごとに定められた計算方法により所得の金額を計算する。
  2. [解説]
    所得税では、課税対象となる所得を10種類に区分し、それぞれの所得の種類ごとに定められた計算方法により所得の金額を計算する。

  3. 相続税では、納税者が申告をした後に、税務署長が納付すべき税額を決定する賦課課税方式を採用している。
  4. [解説]
    相続税は、納税者自身で納税額を申告して納める申告納税方式である。賦課課税方式は、納税者が申告をした後に、税務署長が納付すべき税額を決定する方式だが、住民税や固定資産税で採用されている。

  5. 税金を負担する者と税金を納める者が異なる税金を間接税といい、消費税は間接税に該当する。
  6. [解説]
    税金を負担する者と税金を納める者が異なる税金を間接税といい、消費税は間接税に該当する。

  7. 税金には、国税と地方税とがあるが、法人税は国税に該当し、事業税は地方税に該当する。
  8. [解説]
    税金には、国税と地方税とがあるが、法人税は国税に該当し、事業税は地方税に該当する。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...