2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題32】申告分離課税

問題32

 次のうち、所得税の計算において申告分離課税の対象となるものはどれか。

  1. 不動産の貸付けにより賃貸人が受け取った家賃に係る所得
  2. 金地金を譲渡したことによる所得
  3. 自宅を譲渡したことによる所得
  4. ゴルフ会員権を譲渡したことによる所得

[正解]  (適切)

  1. 不動産の貸付けにより賃貸人が受け取った家賃に係る所得
  2. [解説]
    不動産の貸付けにより賃貸人が受け取った家賃に係る所得は不動産所得に該当し、総合課税となる。

  3. 金地金を譲渡したことによる所得
  4. [解説]
    金地金を譲渡したことによる所得は譲渡所得に該当する。譲渡所得は資産によって課税関係が異なり、株式等や不動産以外の資産は総合課税となる。

  5. 自宅を譲渡したことによる所得
  6. [解説]
    自宅を譲渡したことによる所得は譲渡所得に該当する。肢2とは違い、不動産の譲渡を譲渡したことによる所得は申告分離課税となる。

  7. ゴルフ会員権を譲渡したことによる所得
  8. [解説]
    ゴルフ会員権を譲渡したことによる所得は、譲渡所得に該当する。株式等や不動産以外の資産は総合課税となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...