2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題33】所得税の各種所得

問題33

所得税の各種所得に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 定年退職時に退職手当として一時金を受け取ったことによる所得は、退職所得となる。
  2. 個人事業主が事業資金で購入した株式の配当金を受け取ったことによる所得は、配当所得となる。
  3. 個人事業主が事業の用に供していた営業用車両を売却したことによる所得は、譲渡所得となる。
  4. 事業的規模で不動産の貸付けを行い、賃貸料を受け取ったことによる所得は、事業所得となる。

[正解]  (不適切)

  1. 定年退職時に退職手当として一時金を受け取ったことによる所得は、退職所得となる。
  2. [解説]
    定年退職時に退職手当として一時金を受け取ったことによる所得は、退職所得となる。

  3. 個人事業主が事業資金で購入した株式の配当金を受け取ったことによる所得は、配当所得となる。
  4. [解説]
    個人事業主が事業資金で購入した株式の配当金を受け取ったことによる所得は、配当所得となる。個人事業主の場合、事業資金で購入したとしても、株式の配当金は配当所得となる。

  5. 個人事業主が事業の用に供していた営業用車両を売却したことによる所得は、譲渡所得となる。
  6. [解説]
    個人事業主が事業の用に供していた営業用車両を売却したことによる所得は、譲渡所得となる。事業所得にはならない。

  7. 事業的規模で不動産の貸付けを行い、賃貸料を受け取ったことによる所得は、事業所得となる。
  8. [解説]
    事業的規模で不動産の貸付けを行い、賃貸料を受け取ったことによる所得は、不動産所得となる。事業的規模で不動産の貸付を行った場合、青色申告の特典を活用できる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...