2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題38】法人税の損金算入

問題38

法人が納付した次に掲げる税金のうち、法人税の各事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入されないものはどれか。

  1. 法人税の本税
  2. 固定資産税
  3. 事業所税
  4. 印紙税

[正解]  (算入されない)

[解説]

法人税の本税は、損金に算入することはできない。

<損金算入の租税公課と損金不算入の租税公課>
〇損金の額に算入できる
法人事業税、印紙税
都市計画税、固定資産税
登録免許税、不動産取得税 など
〇損金の額に算入できない
法人税本税、罰科金
法人住民税、印紙税の過怠税など



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...