2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題41】不動産の登記

問題41

不動産の登記に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 抵当権設定登記の登記記録は、権利部甲区に記録される。
  2. 不動産の売買契約を締結した当事者は、当該契約締結の日の属する年の12月31日までに、当該不動産の所有権移転登記をすることが義務付けられている。
  3. 登記事項証明書の受領は、インターネットを利用してオンラインで行うことができる。
  4. 登記記録の権利関係が真実と異なっていた場合に、その登記記録を信じて土地を取得した者は、原則として、その土地に対する当該権利の取得について法的に保護されない。

[正解]  (適切)

  1. 抵当権設定登記の登記記録は、権利部甲区に記録される。
  2. [解説]
    抵当権設定登記の登記記録は、権利部乙区に記録される。権利部甲区に記録されるのは所有権に関する事項である。

  3. 不動産の売買契約を締結した当事者は、当該契約締結の日の属する年の12月31日までに、当該不動産の所有権移転登記をすることが義務付けられている。
  4. [解説]
    所有権移転登記は義務付けられていない。登記が義務付けられているのは、建物を新築した場合の表題登記である。

  5. 登記事項証明書の受領は、インターネットを利用してオンラインで行うことができる。
  6. [解説]
    登記事項証明書の受領を、インターネットを利用してオンラインで行うことはできない。オンラインで行えるのは登記事項証明書の申請である。

  7. 登記記録の権利関係が真実と異なっていた場合に、その登記記録を信じて土地を取得した者は、原則として、その土地に対する当該権利の取得について法的に保護されない。
  8. [解説]
    登記記録の権利関係が真実と異なっていた場合に、その登記記録を信じて土地を取得した者は、原則として、その土地に対する当該権利の取得について法的に保護されない。これを「公信力がない」という。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...