2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題46】延べ面積の限度

問題46

建築基準法に基づいて下記の土地に耐火建築物である店舗を建築する場合、建築物の延べ面積の限度として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない条件については考慮しないものとする。

  1. 80㎡
  2. 320㎡
  3. 480㎡
  4. 500㎡

[正解]  (適切)

[解説]

<敷地面積>
セットバックはないため、通常通り面積を求める。
 10m × 10m = 100㎡
<容積率>
 前面道路の幅員が12m未満の場合には、①指定容積率と②「前面道路の幅員×法定乗数」のどちらか小さい方を容積率とする。また法定乗数は、用途地域が住居系なら4/10、住居系以外なら6/10となる。対象地は商業地域であるため、法定乗数は6/10となる。
 指定容積率 500%
 8m×6/10=48/10 ∴480%
 よって、容積率は480%となる。
<延べ面積の限度>
 「敷地面積×容積率」で求める。
  100㎡ × 480% = 480㎡
 となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...