2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題55】民法上の遺言および遺留分

問題55

民法上の遺言および遺留分に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 遺言は、満15歳以上で、かつ、遺言をする能力があれば、誰でもすることができる。
  2. 遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、遺言の全部または一部を撤回することができる。
  3. 被相続人の兄弟姉妹に遺留分は認められない。
  4. 遺留分権利者は、相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内に限り、家庭裁判所の許可を受けて遺留分の放棄をすることができる。

[正解]  (不適切)

  1. 遺言は、満15歳以上で、かつ、遺言をする能力があれば、誰でもすることができる。
  2. [解説]
    遺言は、満15歳以上で、かつ、遺言をする能力があれば、誰でもすることができる。

  3. 遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、遺言の全部または一部を撤回することができる。
  4. [解説]
    遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、遺言の全部または一部を撤回することができる。この際、同じ遺言の方式によらなくてもよい。

  5. 被相続人の兄弟姉妹に遺留分は認められない。
  6. [解説]
    被相続人の兄弟姉妹に遺留分(相続人に認められている最低限の相続分)は認められない。

  7. 遺留分権利者は、相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内に限り、家庭裁判所の許可を受けて遺留分の放棄をすることができる。
  8. [解説]
    遺留分権利者は、相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内に限り、家庭裁判所の許可を受けて遺留分の放棄をすることができる。なお、遺留分の放棄は相続開始前でも行うことができる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...