2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題2】

問題2

ファイナンシャル・プランナーがライフプランニングに当たって作成する各種の表の一般的な作成方法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、株式等の金融資産や不動産の価額は、取得時点の価額ではなく作成時点の時価で計上する。
  2. 将来の予定や希望する計画を時系列で表すライフイベント表には、子どもの進学や住宅取得などの支出を伴う事項だけを記入し、収入を伴う事項は記入しない。
  3. キャッシュフロー表の作成において、住宅ローンの返済額は、「前年の年間返済額×(1+物価変動率)」で計算された金額を計上する。
  4. キャッシュフロー表の作成において用いられる可処分所得は、年間の収入金額から所得税、住民税、社会保険料および生命保険料を控除した金額である。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、株式等の金融資産や不動産の価額は、取得時点の価額ではなく作成時点の時価で計上する。
  2. [解説]
    適切である。個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、株式等の金融資産や不動産の価額は、取得時点の価額ではなく作成時点の時価で計上する。

  3. 将来の予定や希望する計画を時系列で表すライフイベント表には、子どもの進学や住宅取得などの支出を伴う事項だけを記入し、収入を伴う事項は記入しない。
  4. [解説]
    不適切である。将来の予定や希望する計画を時系列で表すライフイベント表には、退職金や生命保険の解約返戻金を受け取る事項など収入を伴う事項も記入する。

  5. キャッシュフロー表の作成において、住宅ローンの返済額は、「前年の年間返済額×(1+物価変動率)」で計算された金額を計上する。
  6. [解説]
    不適切である。キャッシュフロー表の作成において、住宅ローンの返済額には物価変動率は加味しない。なお変動金利で借り入れしている場合は、金利が上昇したケースで計上することも可能である(一般的に、変動金利の場合でも5年ごとに返済額が見直される)。

  7. キャッシュフロー表の作成において用いられる可処分所得は、年間の収入金額から所得税、住民税、社会保険料および生命保険料を控除した金額である。
  8. [解説]
    不適切である。可処分所得では、生命保険料は控除しない。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました