2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題8】

問題8

Aさんが、下記<資料>に基づき、住宅ローンの借換えを行った場合、借換え後10年間の返済軽減額の計算式として、最も適切なものはどれか。なお、返済は年1回であるものとし、計算に当たっては下記<係数>を使用すること。また、記載のない条件については考慮しないものとする。

<資料>

[Aさんが現在返済中の住宅ローン]
 ・ 借入残高:1,500万円
 ・ 利 率:年2%の固定金利
 ・ 残存期間:10年
 ・ 返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
[Aさんが借換えを予定している住宅ローン]
 ・ 借入金額:1,500万円
 ・ 利 率:年1%の固定金利
 ・ 返済期間:10年
 ・ 返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)

<係数>期間10年の各種係数

資本回収係数減債基金係数
1%0.10560.0956
2%0.11130.0913
  1. (1,500万円×0.1056×10年)-1,500万円
  2. (1,500万円×0.1113×10年)-(1,500万円×0.0956×10年)
  3. (1,500万円×0.1113×10年)-(1,500万円×0.1056×10年)
  4. (1,500万円×0.0913×10年)-(1,500万円×0.0956×10年)

[正解]  (適切)

[解説]

や毎年のローンの返済額を求めるためには資本回収係数を使う。また資本回収係数をかけて、10年でかければ、10年間の総返済額を求めることができる。
算式は、(1,500万円×0.1113×10年)-(1,500万円×0.1056×10年)であるが、参考に計算しておく。
[Aさんが現在返済中の住宅ローン]
 1,500万円 × 0.1113 × 10年 = 16,695,000円
[Aさんが借換えを予定している住宅ローン]
 1,500万円 × 0.1056 × 10年 = 15,840,0000円
よって、返済軽減額は、
 16,695,000円 – 15,840,0000円 = 855,000円
借り換えにより、855,000円負担軽減できることになる。

[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました