2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題15】

問題15

地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 地震保険は、火災保険の加入時に付帯する必要があり、火災保険の保険期間の中途では付帯することはできない。 
  2. 地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引制度があり、重複して適用を受けることができる。 
  3. 地震保険では、地震が発生した日の翌日から10日以上経過した後に生じた損害は、補償の対象とならない。 
  4. 地震保険では、保険の対象である居住用建物が大半損に該当する損害を受けた場合、保険金額の75%を限度(時価額の75%を限度)として保険金が支払われる。 

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 地震保険は、火災保険の加入時に付帯する必要があり、火災保険の保険期間の中途では付帯することはできない。 
  2. [解説]
    不適切である。地震保険は、火災保険の加入時に付帯する必要があるが、火災保険の保険期間の中途で付帯することもできる。

  3. 地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引制度があり、重複して適用を受けることができる。 
  4. [解説]
    不適切である。地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引制度があり、いずれか一つを適用することができる。

  5. 地震保険では、地震が発生した日の翌日から10日以上経過した後に生じた損害は、補償の対象とならない。
  6. [解説]
    適切である。地震保険では、地震が発生した日の翌日から10日以上経過した後に生じた損害は、補償の対象とならない。

  7. 地震保険では、保険の対象である居住用建物が大半損に該当する損害を受けた場合、保険金額の75%を限度(時価額の75%を限度)として保険金が支払われる。
  8. [解説]
    不適切である。地震保険では、保険の対象である居住用建物が大半損に該当する損害を受けた場合、保険金額の60%を限度(時価額の60%を限度)として保険金が支払われる。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました