2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題20】損害保険商品③

問題20

損害保険を利用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

  1. 仕出し弁当を調理して提供する事業者が、食中毒を発生させて法律上の損害賠償責任を負うことによる損害に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。
  2. 製造業を営む事業者が、業務中の災害により従業員やパート従業員がケガを負う場合に備えて、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的として労働災害総合保険を契約した。
  3. 建設業を営む事業者が、請け負った建築工事中に誤って器具を落とし第三者にケガを負わせて法律上の損害賠償責任を負うことによる損害に備えて、請負業者賠償責任保険を契約した。
  4. 貸しビル業を営む事業者が、火災により所有するビル内に設置した機械が損害を被る場合に備えて、機械保険を契約した。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 仕出し弁当を調理して提供する事業者が、食中毒を発生させて法律上の損害賠償責任を負うことによる損害に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。
  2. [解説]
    適切である。生産物賠償責任保険(PL保険)は、仕出し弁当を調理して提供する事業者が、食中毒を発生させて法律上の損害賠償責任を負うことによる損害に備えることができる。

  3. 製造業を営む事業者が、業務中の災害により従業員やパート従業員がケガを負う場合に備えて、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的として労働災害総合保険を契約した。
  4. [解説]
    適切である。労働災害総合保険は、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的とした保険である。

  5. 建設業を営む事業者が、請け負った建築工事中に誤って器具を落とし第三者にケガを負わせて法律上の損害賠償責任を負うことによる損害に備えて、請負業者賠償責任保険を契約した。
  6. [解説]
    適切である。請負業者賠償責任保険は、建設業を営む事業者が、請け負った建築工事中に誤って器具を落とし第三者にケガを負わせて法律上の損害賠償責任を負うことによる損害に備えることができる。

  7. 貸しビル業を営む事業者が、火災により所有するビル内に設置した機械が損害を被る場合に備えて、機械保険を契約した。
  8. [解説]
    不適切である。機械保険は、不測かつ突発的な事故により、機械設備・装置に生じた損害を補償するための保険で、火災が原因で被った損害は対象外である。火災が原因の損害に備えるためには、火災保険に加入する必要がある。


[要点のまとめ]
損害保険商品③

    目次

  1. 傷害保険
  2. 賠償責任保険

1 傷害保険

1. 普通傷害保険
国内外問わず、業務内外問わず、補償の対象となる。病気や細菌性食中毒、地震や噴火・津波を原因とする傷害は対象外

2. 家族傷害保険
国内外問わず、業務内外問わず、補償の対象となる。病気や細菌性食中毒、地震や噴火・津波を原因とする傷害は対象外

3. 国内旅行傷害保険
国内旅行中の傷害を補償する保険で、地震などによる傷害は対象外だが、細菌性食中毒は補償の対象となる。

4. 海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険とは違い、地震等による傷害も対象となる。細菌性食中毒も補償の対象である。

 図解 地震と細菌性食中毒への補償

地震細菌性食中毒
普通傷害保険××
家族傷害保険××
国内旅行傷害保険×
海外旅行傷害保険

2 賠償責任保険

PL保険
生産物賠償責任保険
製造、販売した製品の欠陥で他人に損害を与えた場合への備え
施設所有管理者
賠償責任保険
施設の不備による事故で他人に損害を与えた場合への備え
請負業者賠償責任保険請負業務中に他人に損害を与えた場合への備え
受託者賠償責任保険他人から預かった物を紛失したり、失くしたりした場合への備え
個人賠償責任保険日常生活で他人に損害を与えた場合への備え
所得補償保険働くことができなくなった場合への備え
労働災害総合保険労災保険の上乗せ給付
企業費用・利益保険企業活動が停止した場合への備え
機械保険機械が損害を受けた場合への備え
建設工事保険建築中の建物に損害が生じた場合への備え

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は、日常生活の事故で、他人にケガをさせたり、他人の財物を壊したりして法律上の損害賠償責任を負った場合に備えるための保険である。業務遂行中の損害や借り物の損害は対象外である。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました