2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題40】

問題40

法人の決算書に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 貸借対照表は、決算期末時点等、一時点における企業の財政状態を示したものである。
  2. 損益計算書は、一会計期間における企業の経営成績を示したものである。
  3. キャッシュフロー計算書は、将来における企業の資金収支の予測を示したものである。
  4. 株主資本等変動計算書は、貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち、主として、株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を示したものである。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 貸借対照表は、決算期末時点等、一時点における企業の財政状態を示したものである。
  2. [解説]
    適切である。貸借対照表は、決算期末時点等、一時点における企業の財政状態を示したものである。

  3. 損益計算書は、一会計期間における企業の経営成績を示したものである。
  4. [解説]
    適切である。損益計算書は、一会計期間における企業の経営成績を示したものである。

  5. キャッシュフロー計算書は、将来における企業の資金収支の予測を示したものである。
  6. [解説]
    不適切である。キャッシュフロー計算書は、キャッシュ・フローの状況を営業活動・投資活動・財務活動ごとに区分して表示する財務諸表の1つである。

  7. 株主資本等変動計算書は、貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち、主として、株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を示したものである。
  8. [解説]
    適切である。株主資本等変動計算書は、貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち、主として、株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を示したものである。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました