2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題54】

問題54

民法上の相続人に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 被相続人に子がいる場合、その子は第1順位の相続人となる。
  2. 被相続人の子が相続開始以前に廃除により相続権を失っているときは、その相続権を失った者に子がいても、その子(被相続人の孫)は代襲相続人とならない。
  3. 特別養子縁組が成立した場合、原則として、養子と実方の父母との親族関係は終了し、その養子は実方の父母の相続人とならない。
  4. 相続開始時における胎児は、すでに生まれたものとみなされるが、その後、死産となった場合には、相続人とならない。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 被相続人に子がいる場合、その子は第1順位の相続人となる。
  2. [解説]
    適切である。被相続人に子がいる場合、その子は第1順位の相続人となる。

  3. 被相続人の子が相続開始以前に廃除により相続権を失っているときは、その相続権を失った者に子がいても、その子(被相続人の孫)は代襲相続人とならない。
  4. [解説]
    不適切である。被相続人の子が相続開始以前に廃除により相続権を失い、その相続権を失った者に子がいた場合、その子(被相続人の孫)は代襲相続人になることができる。

  5. 特別養子縁組が成立した場合、原則として、養子と実方の父母との親族関係は終了し、その養子は実方の父母の相続人とならない。
  6. [解説]
    適切である。特別養子縁組が成立した場合、原則として、養子と実方の父母との親族関係は終了し、その養子は実方の父母の相続人とならない。

  7. 相続開始時における胎児は、すでに生まれたものとみなされるが、その後、死産となった場合には、相続人とならない。
  8. [解説]
    適切である。相続開始時における胎児は、すでに生まれたものとみなされるが、その後、死産となった場合には、相続人とならない。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました