2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題56】

問題56

遺産分割に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 共同相続された預貯金は遺産分割の対象となり、相続開始と同時に当然に法定相続分に応じて分割されるものではない。
  2. 代償分割は、現物分割を困難とする事由がある場合に、共同相続人が家庭裁判所に申し立て、その審判を受けることにより認められる分割方法である。
  3. 相続財産である不動産を、共同相続人間で遺産分割するために譲渡して換価した場合、その譲渡による所得は、所得税において非課税所得とされている。
  4. 被相続人は、遺言によって、相続開始の時から10年間、遺産の分割を禁ずることができる。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 共同相続された預貯金は遺産分割の対象となり、相続開始と同時に当然に法定相続分に応じて分割されるものではない。
  2. [解説]
    適切である。共同相続された預貯金は遺産分割の対象となり、相続開始と同時に当然に法定相続分に応じて分割されるものではない。

  3. 代償分割は、現物分割を困難とする事由がある場合に、共同相続人が家庭裁判所に申し立て、その審判を受けることにより認められる分割方法である。
  4. [解説]
    不適切である。特に家庭裁判所に申し立てる必要はない。

  5. 相続財産である不動産を、共同相続人間で遺産分割するために譲渡して換価した場合、その譲渡による所得は、所得税において非課税所得とされている。
  6. [解説]
    不適切である。相続財産である不動産を、共同相続人間で遺産分割するために譲渡して換価した場合、その譲渡による所得は、所得税の課税対象となる。

  7. 被相続人は、遺言によって、相続開始の時から10年間、遺産の分割を禁ずることができる。
  8. [解説]
    不適切である。被相続人は、遺言によって、相続開始の時から5年間、遺産の分割を禁ずることができる。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました