2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題2】

問題2

ライフプランの作成の際に活用される下記<資料>の各種係数に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

<資料>年率2%・期間5年の各種係数

終価係数1.1041
現価係数0.9057
年金終価係数5.2040
減債基金係数0.1922
年金現価係数4.7135
資本回収係数0.2122
  1. 現在保有する100万円を5年間、年率2%で複利運用した場合の元利合計額は、「100万円×1.1041」で求められる。
  2. 年率2%で複利運用しながら5年後に100万円を得るために必要な毎年の積立額は、「100万円×0.1922」で求められる。
  3. 年率2%で複利運用しながら5年間、毎年100万円を受け取るために必要な元本は、「100万円×5.2040」で求められる。
  4. 年率2%で複利運用しながら5年後に100万円を得るために必要な元本は、「100万円×0.9057」で求められる。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 現在保有する100万円を5年間、年率2%で複利運用した場合の元利合計額は、「100万円×1.1041」で求められる。
  2. [解説]
    適切である。現在保有する100万円を5年間、年率2%で複利運用した場合の元利合計額を求めるには、終価係数を使う。よって、「100万円×1.1041」で求められる。

  3. 年率2%で複利運用しながら5年後に100万円を得るために必要な毎年の積立額は、「100万円×0.1922」で求められる。
  4. [解説]
    適切である。年率2%で複利運用しながら5年後に100万円を得るために必要な毎年の積立額を求めるには、減債基金係数を使う。よって、「100万円×0.1922」で求められる。

  5. 年率2%で複利運用しながら5年間、毎年100万円を受け取るために必要な元本は、「100万円×5.2040」で求められる。
  6. [解説]
    不適切である。年率2%で複利運用しながら5年間、毎年100万円を受け取るために必要な元本を求めるには、年金現価係数を使う。よって、「100万円×4.7135」で求められる。

  7. 年率2%で複利運用しながら5年後に100万円を得るために必要な元本は、「100万円×0.9057」で求められる。
  8. [解説]
    適切である。年率2%で複利運用しながら5年後に100万円を得るために必要な元本を求めるには、現価係数を使う。よって、「100万円×0.9057」で求められる。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました