2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題10】中小法人の資金計画

問題10

貸借対照表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 負債の部において、1年以内に返済しなければならないものは「流動負債」となる。
  2. 「有形固定資産」には、土地、建物、機械設備などが含まれ、そのいずれも減価償却が行われる。
  3. 資産の部の「流動資産」には、1年以内に資金化できる売掛金や受取手形、商品などが含まれる。
  4. 純資産の部の「株主資本」には、資本金、資本剰余金、利益剰余金などが含まれる。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 負債の部において、1年以内に返済しなければならないものは「流動負債」となる。
  2. [解説]
    適切である。負債の部において、1年以内に返済しなければならないものは「流動負債」、返済が1年超となるものは「固定負債」となる。

  3. 「有形固定資産」には、土地、建物、機械設備などが含まれ、そのいずれも減価償却が行われる。
  4. [解説]
    不適切である。「有形固定資産」には、土地、建物、機械設備などが含まれるが、土地には減価償却がない。

  5. 資産の部の「流動資産」には、1年以内に資金化できる売掛金や受取手形、商品などが含まれる。
  6. [解説]
    適切である。資産の部の「流動資産」には、1年以内に資金化できる売掛金や受取手形、商品などが含まれる。

  7. 純資産の部の「株主資本」には、資本金、資本剰余金、利益剰余金などが含まれる。
  8. [解説]
    適切である。純資産の部の「株主資本」には、資本金、資本剰余金、利益剰余金などが含まれる。


[要点のまとめ]
中小法人の資金計画

    目次

1 中小法人の資金計画


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました