2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題11】

問題11

少額短期保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 少額短期保険業者と締結した保険契約は、保険法の適用対象となる。
  2. 少額短期保険業者が1人の被保険者から引き受けることができる保険金額の総額は、原則として、1,500万円が上限である。
  3. 破綻した少額短期保険業者と締結していた保険契約は、生命保険契約者保護機構または損害保険契約者保護機構による保護の対象となる。
  4. 少額短期保険業者と締結した保険契約に係る保険料は、税法上、所定の要件を満たせば、生命保険料控除または地震保険料控除の対象となる。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 少額短期保険業者と締結した保険契約は、保険法の適用対象となる。
  2. [解説]
    適切である。少額短期保険業者と締結した保険契約は、保険法の適用対象となる。

  3. 少額短期保険業者が1人の被保険者から引き受けることができる保険金額の総額は、原則として、1,500万円が上限である。
  4. [解説]
    不適切である。少額短期保険業者が1人の被保険者から引き受けることができる保険金額の総額は、原則として、1,000万円が上限である。

  5. 破綻した少額短期保険業者と締結していた保険契約は、生命保険契約者保護機構または損害保険契約者保護機構による保護の対象となる。
  6. [解説]
    不適切である。破綻した少額短期保険業者と締結していた保険契約は、生命保険契約者保護機構または損害保険契約者保護機構による保護の対象外である。

  7. 少額短期保険業者と締結した保険契約に係る保険料は、税法上、所定の要件を満たせば、生命保険料控除または地震保険料控除の対象となる。
  8. [解説]
    不適切である。少額短期保険業者と締結した保険契約に係る保険料は、所得控除することはできない。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました