2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題17】損害保険商品②

問題17

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

  1. 対人賠償保険では、被保険自動車を運転中に対人事故を起こした被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合、自動車損害賠償責任保険等によって支払われる金額を除いた額が保険金の支払い対象となる。
  2. 被保険自動車を運転して父の家の車庫に入れるとき、誤って衝突して車庫を壊してしまった場合、その損害は対物賠償保険の補償の対象となる。
  3. 被保険自動車が洪水で水没してしまった場合、その損害は車両保険の補償の対象となる。
  4. 被保険自動車を運転中に交通事故で被保険者が死亡した場合、被保険者の過失割合にかかわらず、その死亡による損害の全額が保険金額を限度として人身傷害補償保険の補償の対象となる。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 対人賠償保険では、被保険自動車を運転中に対人事故を起こした被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合、自動車損害賠償責任保険等によって支払われる金額を除いた額が保険金の支払い対象となる。
  2. [解説]
    適切である。対人賠償保険では、被保険自動車を運転中に対人事故を起こした被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合、自動車損害賠償責任保険等によって支払われる金額を除いた額が保険金の支払い対象となる。

  3. 被保険自動車を運転して父の家の車庫に入れるとき、誤って衝突して車庫を壊してしまった場合、その損害は対物賠償保険の補償の対象となる。
  4. [解説]
    不適切である。被保険自動車を運転して父の家の車庫に入れるとき、誤って衝突して自宅の車庫を壊してしまった場合、その損害は対物賠償保険の補償の対象外である。

  5. 被保険自動車が洪水で水没してしまった場合、その損害は車両保険の補償の対象となる。
  6. [解説]
    適切である。被保険自動車が洪水で水没してしまった場合、その損害は車両保険の補償の対象となる。

  7. 被保険自動車を運転中に交通事故で被保険者が死亡した場合、被保険者の過失割合にかかわらず、その死亡による損害の全額が保険金額を限度として人身傷害補償保険の補償の対象となる。
  8. [解説]
    適切である。人身傷害補償保険は、被保険者の過失割合にかかわらず、保険金額を限度として保険金が支払われる。


[要点のまとめ]
損害保険商品②

    目次

  1. 自賠責保険
  2. 任意自動車保険

1 自賠責保険

1. 保険金の限度額
・死亡 3,000万円
・傷害 120万円
・後遺障害 75万円~4,000万円

2. 保険の対象
対人賠償のみだが、任意保険で対象外となる親族も被害者保護の観点から補償の対象となる。

2 任意自動車保険

1. 対人賠償保険
・他人の身体に対する保険
・親族は他人に該当せず、補償の対象外となる。

2. 対物賠償保険
・他人の財物に対する保険
・自宅の壁や塀を壊した場合は対象外である。

3. 人身傷害保険・搭乗者傷害保険
・補償内容は似ている部分があり、運転者や同乗者のケガが対象となる。
・人身傷害保険は、過失の有無にかかわらず実際の損害額が支払われる。
・搭乗者傷害保険は、症状や部位ごとに決められた金額が支払われる。

4. 自損事故保険
・対物賠償保険は相手がいれば対象になるが、相手のいないガードレールにぶつかるなどしてケガをした場合に対応。
・運転者や同乗者の死傷を補償する。

5. 車両保険
・単独事故などで相手がいない場合の自動車修理のための保険

 図解 補償の対象

他人対人賠償保険身体
対物賠償保険財物
本人・家族人身傷害保険
搭乗者傷害保険
身体
自損事故保険身体
無保険車保険身体
車両保険財物


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました