2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題20】保険の活用

問題20

生命保険等を活用した法人の福利厚生に係るアドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「従業員の死亡時に支給する死亡退職金や定年退職時に支給する退職金の原資を準備したい」という企業に対して、養老保険の活用をアドバイスした。
  2. 「従業員の自助努力による死亡保障の準備を支援したい」という企業に対して、団体信用生命保険の活用をアドバイスした。
  3. 「従業員の自助努力による資産形成を支援したい」という企業に対して、勤労者財産形成貯蓄積立保険(一般財形)の活用をアドバイスした。
  4. 「休業補償規程に基づいて従業員に支給する休業の補償に係る給付の原資を準備したい」という企業に対して、団体就業不能保障保険の活用をアドバイスした。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 「従業員の死亡時に支給する死亡退職金や定年退職時に支給する退職金の原資を準備したい」という企業に対して、養老保険の活用をアドバイスした。
  2. [解説]
    適切である。養老保険は保険期間中は死亡保険、満期時には満期保険金を受け取れるため、「従業員の死亡時に支給する死亡退職金や定年退職時に支給する退職金の原資を準備したい」という企業に適している。

  3. 「従業員の自助努力による死亡保障の準備を支援したい」という企業に対して、団体信用生命保険の活用をアドバイスした。
  4. [解説]
    不適切である。団体信用生命保険は住宅ローンの契約者が利用できる団体保険である。「従業員の自助努力による死亡保障の準備を支援したい」という企業に対しては、団体定期保険(Bグループ保険)が適している。

  5. 「従業員の自助努力による資産形成を支援したい」という企業に対して、勤労者財産形成貯蓄積立保険(一般財形)の活用をアドバイスした。
  6. [解説]
    適切である。勤労者財産形成貯蓄積立保険(一般財形)は給与の天引きで毎月一定額を貯蓄できる。

  7. 「休業補償規程に基づいて従業員に支給する休業の補償に係る給付の原資を準備したい」という企業に対して、団体就業不能保障保険の活用をアドバイスした。
  8. [解説]
    適切である。団体就業不能保障保険は労災保険の上乗せ保険として、休業時の補償を充実させることができる。


[要点のまとめ]
保険の活用


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました