2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題22】

問題22

銀行等の金融機関で取り扱う預金の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 貯蓄預金は、クレジットカード利用代金などの自動振替口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用することができる。
  2. 当座預金は、公共料金などの自動振替口座として利用することはできるが、株式の配当金の自動受取口座として利用することはできない。
  3. 為替先物予約を締結していない外貨定期預金の満期時の為替レートが預入時の為替レートに比べて円安になれば、当該外貨定期預金に係る円換算の運用利回りは高くなる。
  4. 期日指定定期預金は、預金者が預入時に据置期間経過後から最長預入期日までの間で満期日を指定しなければならない。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 貯蓄預金は、クレジットカード利用代金などの自動振替口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用することができる。
  2. [解説]
    不適切である。貯蓄預金は、クレジットカード利用代金などの自動振替口座や、給与や年金などの自動受取口座など決済用の口座として利用することはできない。

  3. 当座預金は、公共料金などの自動振替口座として利用することはできるが、株式の配当金の自動受取口座として利用することはできない。
  4. [解説]
    不適切である。当座預金は、公共料金などの自動振替口座や株式の配当金の自動受取口座として利用することができる。

  5. 為替先物予約を締結していない外貨定期預金の満期時の為替レートが預入時の為替レートに比べて円安になれば、当該外貨定期預金に係る円換算の運用利回りは高くなる。
  6. [解説]
    適切である。たとえば預入時に1ドル100円、満期時に1ドル110円であれば、円換算すると円での受取額が増えるため、利率が一定の定期預金であれば運用利回りは高くなる。

  7. 期日指定定期預金は、預金者が預入時に据置期間経過後から最長預入期日までの間で満期日を指定しなければならない。
  8. [解説]
    不適切である。期日指定定期預金は、預入時ではなく預入後に満期日を指定できる金融商品である。ただ、指定できるのは1年の据置経過後である。


[要点のまとめ]


解説者

FPオフィスベストライフ代表。CFP®認定者・宅建士(未登録)などの資格を保有し、個人相談や執筆業務を行っています。FP資格関連では、LEC東京リーガルマインド、職業訓練校、アガルートなどでFP講師、FP資格の解説本を執筆・校閲した経験があります。
※誤字脱字・解答解説ミスなどございましたら、ページ下よりご報告いただけると幸いです。

FP試験研究所をフォローする
2級FP/2020年9月(学科)
FP講師による【2級FP】過去問解答解説
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました