2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題27】

問題27

ポートフォリオのリスクに関する以下の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。


上図は、縦軸にポートフォリオのリスク(標準偏差)を、横軸にポートフォリオの構成銘柄数をとり、ポートフォリオの構成銘柄数が増加すると、ポートフォリオのリスクが低減する関係を表している。ポートフォリオの構成銘柄数の増加とともに、分散投資の効果によりリスクが低減するが、構成銘柄数が一定数まで増えると、それ以降は構成銘柄数を増やしてもリスクはほとんど低減しなくなってくる。
分散投資によって除去できるリスクを( ア )といい、分散投資によっても除去できないリスクを( イ )という。
なお、パフォーマンス評価指標の一つである( ウ )は、( イ )であるベータをリスク尺度として用いている。

  1. (ア)非システマティック・リスク (イ)システマティック・リスク (ウ)シャープの測度
  2. (ア)非システマティック・リスク (イ)システマティック・リスク (ウ)トレイナーの測度
  3. (ア)システマティック・リスク (イ)非システマティック・リスク (ウ)シャープの測度
  4. (ア)システマティック・リスク (イ)非システマティック・リスク (ウ)トレイナーの測度

[正解]  (適切)

[解説]

上図は、縦軸にポートフォリオのリスク(標準偏差)を、横軸にポートフォリオの構成銘柄数をとり、ポートフォリオの構成銘柄数が増加すると、ポートフォリオのリスクが低減する関係を表している。ポートフォリオの構成銘柄数の増加とともに、分散投資の効果によりリスクが低減するが、構成銘柄数が一定数まで増えると、それ以降は構成銘柄数を増やしてもリスクはほとんど低減しなくなってくる。
分散投資によって除去できるリスクを( ア 非システマティック・リスク )といい、分散投資によっても除去できないリスクを( イ システマティック・リスク )という。
なお、パフォーマンス評価指標の一つである( ウ トレイナーの測度 )は、( イ システマティック・リスク )であるベータをリスク尺度として用いている。


[要点のまとめ]


解説者

FPオフィスベストライフ代表。CFP®認定者・宅建士(未登録)などの資格を保有し、個人相談や執筆業務を行っています。FP資格関連では、LEC東京リーガルマインド、職業訓練校、アガルートなどでFP講師、FP資格の解説本を執筆・校閲した経験があります。
※誤字脱字・解答解説ミスなどございましたら、ページ下よりご報告いただけると幸いです。

FP試験研究所をフォローする
2級FP/2020年9月(学科)
FP講師による【2級FP】過去問解答解説
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました