2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題27】

問題27

ポートフォリオのリスクに関する以下の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。


上図は、縦軸にポートフォリオのリスク(標準偏差)を、横軸にポートフォリオの構成銘柄数をとり、ポートフォリオの構成銘柄数が増加すると、ポートフォリオのリスクが低減する関係を表している。ポートフォリオの構成銘柄数の増加とともに、分散投資の効果によりリスクが低減するが、構成銘柄数が一定数まで増えると、それ以降は構成銘柄数を増やしてもリスクはほとんど低減しなくなってくる。
分散投資によって除去できるリスクを( ア )といい、分散投資によっても除去できないリスクを( イ )という。
なお、パフォーマンス評価指標の一つである( ウ )は、( イ )であるベータをリスク尺度として用いている。

  1. (ア)非システマティック・リスク (イ)システマティック・リスク (ウ)シャープの測度
  2. (ア)非システマティック・リスク (イ)システマティック・リスク (ウ)トレイナーの測度
  3. (ア)システマティック・リスク (イ)非システマティック・リスク (ウ)シャープの測度
  4. (ア)システマティック・リスク (イ)非システマティック・リスク (ウ)トレイナーの測度

[正解]  (適切)

[解説]

上図は、縦軸にポートフォリオのリスク(標準偏差)を、横軸にポートフォリオの構成銘柄数をとり、ポートフォリオの構成銘柄数が増加すると、ポートフォリオのリスクが低減する関係を表している。ポートフォリオの構成銘柄数の増加とともに、分散投資の効果によりリスクが低減するが、構成銘柄数が一定数まで増えると、それ以降は構成銘柄数を増やしてもリスクはほとんど低減しなくなってくる。
分散投資によって除去できるリスクを( ア 非システマティック・リスク )といい、分散投資によっても除去できないリスクを( イ システマティック・リスク )という。
なお、パフォーマンス評価指標の一つである( ウ トレイナーの測度 )は、( イ システマティック・リスク )であるベータをリスク尺度として用いている。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました