2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題29】

問題29

預金保険制度に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. ゆうちょ銀行に預け入れられている通常貯金は、預入限度額である元本1,300万円までとその利息が預金保険制度による保護の対象となる。
  2. 国内銀行に預け入れられている外貨預金は、預金保険制度による保護の対象とならない。
  3. 国内銀行に預け入れられている円預金のうち、確定拠出年金制度で運用されているものについても、預金保険制度による保護の対象となる。
  4. 国内銀行に預け入れられている決済用預金は、預入金額の多寡にかかわらず、その全額が預金保険制度による保護の対象となる。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. ゆうちょ銀行に預け入れられている通常貯金は、預入限度額である元本1,300万円までとその利息が預金保険制度による保護の対象となる。
  2. [解説]
    不適切である。ゆうちょ銀行に預け入れられている通常貯金は、元本1,000万円までとその利息が預金保険制度による保護の対象となる。なお 預入限度額は、通常貯金1,300万円、定期性貯金1,300万円である。

  3. 国内銀行に預け入れられている外貨預金は、預金保険制度による保護の対象とならない。
  4. [解説]
    適切である。国内銀行に預け入れられている外貨預金は、預金保険制度による保護の対象外である。

  5. 国内銀行に預け入れられている円預金のうち、確定拠出年金制度で運用されているものについても、預金保険制度による保護の対象となる。
  6. [解説]
    適切である。国内銀行に預け入れられている円預金のうち、確定拠出年金制度で運用されているものについても、預金保険制度による保護の対象となる。

  7. 国内銀行に預け入れられている決済用預金は、預入金額の多寡にかかわらず、その全額が預金保険制度による保護の対象となる。
  8. [解説]
    適切である。国内銀行に預け入れられている決済用預金は、預入金額の多寡にかかわらず、その全額が預金保険制度による保護の対象となる。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました