2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題32】

問題32

所得税における各種所得に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 個人事業主が事業資金で購入した株式について、配当金を受け取ったことによる所得は、一時所得となる。
  2. 個人による不動産の貸付けが事業的規模である場合、その賃貸収入による所得は、事業所得となる。
  3. 会社役員が役員退職金を受け取ったことによる所得は、給与所得となる。
  4. 個人年金保険の契約者(=保険料負担者)である個人が、その保険契約に基づく年金を年金形式で受け取ったことによる所得は、雑所得となる。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 個人事業主が事業資金で購入した株式について、配当金を受け取ったことによる所得は、一時所得となる。
  2. [解説]
    不適切である。個人事業主が事業資金で購入した株式について、配当金を受け取ったことによる所得は、配当所得となる。

  3. 個人による不動産の貸付けが事業的規模である場合、その賃貸収入による所得は、事業所得となる。
  4. [解説]
    不適切である。個人による不動産の貸付けは事業的規模に関わらず、その賃貸収入による所得は、不動産所得となる。不動産所得にて事業的規模が関係するのは青色申告の特典である。

  5. 会社役員が役員退職金を受け取ったことによる所得は、給与所得となる。
  6. [解説]
    不適切である。会社役員が役員退職金を受け取ったことによる所得は、退職所得となる。

  7. 個人年金保険の契約者(=保険料負担者)である個人が、その保険契約に基づく年金を年金形式で受け取ったことによる所得は、雑所得となる。
  8. [解説]
    適切である。個人年金保険の契約者(=保険料負担者)である個人が、その保険契約に基づく年金を年金形式で受け取ったことによる所得は、雑所得となる。なお一時金で受け取った場合は一時所得となる。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました