2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題54】

問題54

民法上の遺言に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 遺言は、未成年者であっても、満15歳以上の者で、かつ、遺言をする時にその能力があれば、法定代理人の同意を得ることなく単独ですることができる。
  2. 遺言者が自筆証書遺言を作成し、財産目録を添付する場合、所定の要件を満たせば、その目録は自書することを要しない。
  3. 公正証書遺言を作成した遺言者は、その遺言を自筆証書遺言によって撤回することはできない。
  4. 公正証書遺言を作成する場合において、遺言者の配偶者は証人として立ち会うことはできない。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 遺言は、未成年者であっても、満15歳以上の者で、かつ、遺言をする時にその能力があれば、法定代理人の同意を得ることなく単独ですることができる。
  2. [解説]
    適切である。遺言は、未成年者であっても、満15歳以上の者で、かつ、遺言をする時にその能力があれば、法定代理人の同意を得ることなく単独ですることができる。

  3. 遺言者が自筆証書遺言を作成し、財産目録を添付する場合、所定の要件を満たせば、その目録は自書することを要しない。
  4. [解説]
    適切である。遺言者が自筆証書遺言を作成し、財産目録を添付する場合、所定の要件を満たせば、その目録は自書することを要しない。

  5. 公正証書遺言を作成した遺言者は、その遺言を自筆証書遺言によって撤回することはできない。
  6. [解説]
    不適切である。公正証書遺言を作成した遺言者は、その遺言を別の種類である自筆証書遺言によってでも撤回することができる

  7. 公正証書遺言を作成する場合において、遺言者の配偶者は証人として立ち会うことはできない。
  8. [解説]
    適切である。公正証書遺言を作成する場合において、遺言者の配偶者は証人として立ち会うことはできない。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました