2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題57】

問題57

子が父から甲土地を使用貸借により借り受け、自己資金で建物を建築し、自己の居住の用に供している。父の相続が開始し、その子が甲土地を相続により取得した場合、相続税の課税価格の計算上、下記の<甲土地の自用地評価額および借地権割合>に基づく甲土地の相続税評価額として、最も適切なものはどれか。

<甲土地の自用地評価額および借地権割合>

自用地としての相続税評価額:5,000万円
借地権割合:70%

  1.      0円
  2. 1,500万円
  3. 3,500万円
  4. 5,000万円

[正解]  (適切)

[解説]

子が父から甲土地を使用貸借により借り受け、自己資金で建物を建築しているため、相続により甲土地を取得した場合の相続税評価額は、自用地としての評価となる。

[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました