2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題10】中小法人の資金計画

問題10

下記<資料>に基づき算出される中小企業のA社の財務分析に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、変動費は売上原価に等しく、固定費は販売費及び一般管理費に等しいものとする。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

  1. A社の売上高営業利益率は、25%である。
  2. A社の売上高経常利益率は、30%である。
  3. A社の限界利益率は、50%である。
  4. A社の損益分岐点売上高は、300百万円である。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. A社の売上高営業利益率は、25%である。
  2. [解説]
    適切である。
    売上高営業利益率は、「営業利益 ÷ 売上高 × 100」で求める。また営業利益は、「売上総利益(売上高 – 売上原価) – 販売費及び一般管理費」で求める。
     ・営業利益:400 – 200 – 100 = 100
     ・売上高営業利益率:100 ÷ 400 × 100 = 25%
    よって、適切である。

  3. A社の売上高経常利益率は、30%である。
  4. [解説]
    適切である。売上高経常利益率は、「経常利益 ÷ 売上高 × 100」で求める。また経常利益は、「営業利益 + 営業外収益 – 営業外費用」で求める。
     ・経常利益:100 + 30 – 10 = 120
     ・売上高営業利益率:120 ÷ 400 × 100 = 30%
    よって、適切である。

  5. A社の限界利益率は、50%である。
  6. [解説]
    適切である。限界利益率は、「限界利益 ÷ 売上高 × 100」で求める。また限界利益は、「売上高 – 変動費」で求める。なお変動費は、<資料>から、売上原価が該当する。
     ・限界利益:400 – 200 = 200
     ・限界利益率:200 ÷ 400 × 100 = 50%
    よって、適切である。

  7. A社の損益分岐点売上高は、300百万円である。
  8. [解説]
    不適切である。損益分岐点売上高は、「固定費 ÷ 限界利益率」で求める。なお固定費は、<資料>から販売費及び一般管理費が該当する。
     ・損益分岐点売上高:100 ÷ 0.5 = 200
    よって、不適切である。


[要点のまとめ]
中小法人の資金計画

    目次

1 中小法人の資金計画


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました