2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題24】

問題24

固定利付債券の利回り(単利・年率)と市場金利の変動との関係に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、手数料、経過利子、税金等については考慮しないものとする。

表面利率が0.2%、償還期限が10年の固定利付債券(以下「債券A」という)が額面100円当たり100円で新規に発行された。発行から5年後、市場金利が上昇したことに伴い、債券Aの最終利回りも0.4%に上昇した。この状況において、債券Aを新規発行時に購入し、発行から5年後に売却した場合の所有期間利回りは( ア )。また、債券Aを新規発行時に購入し、償還まで保有した場合の応募者利回りは( イ )。

  1. (ア)0.2%よりも低くなる (イ)0.2%よりも高くなる
  2. (ア)0.2%よりも高くなる (イ)0.2%で変わらない
  3. (ア)0.2%よりも低くなる (イ)0.2%で変わらない
  4. (ア)0.2%で変わらない  (イ)0.2%よりも低くなる

[正解]  (適切)

[解説]

固定利付債券の利回りと市場金利の変動との関係を考える。
(ア) 償還期限が10年の固定利付債券を市場金利が上昇した5年後に売却するため、固定利付債券の価格は下落している。売却益は下落するため、所有期間利回りも下落する。
(イ) 債券Aを新規発行時に購入し、償還まで保有した場合は、額面100円で償還されるため、応募者利回りは0.2%で変わらない。

表面利率が0.2%、償還期限が10年の固定利付債券(以下「債券A」という)が額面100円当たり100円で新規に発行された。発行から5年後、市場金利が上昇したことに伴い、債券Aの最終利回りも0.4%に上昇した。この状況において、債券Aを新規発行時に購入し、発行から5年後に売却した場合の所有期間利回りは( ア 0.2%よりも低くなる)。また、債券Aを新規発行時に購入し、償還まで保有した場合の応募者利回りは( イ 0.2%で変わらない)。


[要点のまとめ]


解説者

FPオフィスベストライフ代表。CFP®認定者・宅建士(未登録)などの資格を保有し、個人相談や執筆業務を行っています。FP資格関連では、LEC東京リーガルマインド、職業訓練校、アガルートなどでFP講師、FP資格の解説本を執筆・校閲した経験があります。
※誤字脱字・解答解説ミスなどございましたら、ページ下よりご報告いただけると幸いです。

FP試験研究所をフォローする
2級FP/2021年1月(学科)
FP講師による【2級FP】過去問解答解説
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました