2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題35】

問題35

住宅を新築または取得した場合の所得税における住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 住宅ローン控除の適用を受けようとする者のその年分の合計所得金額は、3,000万円以下でなければならない。
  2. 住宅ローン控除の対象となる家屋は、床面積が50㎥以上であり、その2分の1以上に相当する部分がもっぱら自己の居住の用に供されるものでなければならない。
  3. 給与所得者が住宅ローン控除の適用を受けようとする場合、最初の年分については年末調整の対象者であっても確定申告しなければならない。
  4. 住宅ローン控除の適用を受けるためには、その対象となる家屋を新築または取得した日から3ヵ月以内に自己の居住の用に供さなければならない。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 住宅ローン控除の適用を受けようとする者のその年分の合計所得金額は、3,000万円以下でなければならない。
  2. [解説]
    適切である。住宅ローン控除の適用を受けようとする者のその年分の合計所得金額は、3,000万円以下でなければならない。

  3. 住宅ローン控除の対象となる家屋は、床面積が50㎥以上であり、その2分の1以上に相当する部分がもっぱら自己の居住の用に供されるものでなければならない。
  4. [解説]
    適切である。住宅ローン控除の対象となる家屋は、床面積が50㎥以上であり、その2分の1以上に相当する部分がもっぱら自己の居住の用に供されるものでなければならない。

  5. 給与所得者が住宅ローン控除の適用を受けようとする場合、最初の年分については年末調整の対象者であっても確定申告しなければならない。
  6. [解説]
    適切である。給与所得者が住宅ローン控除の適用を受けようとする場合、最初の年分については年末調整の対象者であっても確定申告しなければならない。

  7. 住宅ローン控除の適用を受けるためには、その対象となる家屋を新築または取得した日から3ヵ月以内に自己の居住の用に供さなければならない。
  8. [解説]
    不適切である。住宅ローン控除の適用を受けるためには、その対象となる家屋を新築または取得した日から6ヵ月以内に自己の居住の用に供さなければならない。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました