2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題45】

問題45

都市計画法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 都市計画区域内において、用途地域が定められている区域については、防火地域または準防火地域のいずれかを定めなければならない。
  2. 市街化区域については用途地域を定め、市街化調整区域については原則として用途地域を定めないものとされている。
  3. 市街化区域は、すでに市街地を形成している区域およびおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域とされている。
  4. 三大都市圏の一定の区域や一定の大都市の都市計画区域においては、都市計画に市街化区域と市街化調整区域との区分を定めるものとされている。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 都市計画区域内において、用途地域が定められている区域については、防火地域または準防火地域のいずれかを定めなければならない。
  2. [解説]
    不適切である。「用途地域が定められている区域については、防火地域または準防火地域のいずれかを定めなければならない」という規定はない。

  3. 市街化区域については用途地域を定め、市街化調整区域については原則として用途地域を定めないものとされている。
  4. [解説]
    適切である。市街化区域については用途地域を定め、市街化調整区域については原則として用途地域を定めないものとされている。

  5. 市街化区域は、すでに市街地を形成している区域およびおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域とされている。
  6. [解説]
    適切である。市街化区域は、すでに市街地を形成している区域およびおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域とされている。

  7. 三大都市圏の一定の区域や一定の大都市の都市計画区域においては、都市計画に市街化区域と市街化調整区域との区分を定めるものとされている。
  8. [解説]
    適切である。三大都市圏の一定の区域や一定の大都市の都市計画区域においては、都市計画に市街化区域と市街化調整区域との区分を定めるものとされている。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました