2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題36】

問題36

個人事業税の仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 個人事業税の徴収は、特別徴収の方法による。
  2. 個人事業税の標準税率は、一律3%である。
  3. 個人事業税の課税標準の計算上、事業主控除として最高390万円を控除することができる。
  4. 医業などの社会保険適用事業に係る所得のうち社会保険診療報酬に係るものは、個人事業税の課税対象とならない。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 個人事業税の徴収は、特別徴収の方法による。
  2. [解説]
    不適切である。個人事業税は、送られてくる納税通知書に沿って納付する普通徴収の方法による。特別徴収は、給与から天引きして徴収する方法である。

  3. 個人事業税の標準税率は、一律3%である。
  4. [解説]
    不適切である。個人事業税の標準税率は、業種によって異なり、3%・4%・5%のいずれかである。

  5. 個人事業税の課税標準の計算上、事業主控除として最高390万円を控除することができる。
  6. [解説]
    不適切である。人事業税の課税標準の計算上、事業主控除として最高290万円を控除することができる。

  7. 医業などの社会保険適用事業に係る所得のうち社会保険診療報酬に係るものは、個人事業税の課税対象とならない。
  8. [解説]
    適切である。医業などの社会保険適用事業に係る所得のうち社会保険診療報酬に係るものは、個人事業税の課税対象とならない。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!