2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題59】

問題59

相続対策における生命保険の活用に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

非上場会社のオーナー社長であるAさんの推定相続人は、妻Bさん、子Cさんおよび子Dさんの3人であり、Aさんの自社株以外の主な財産は、現預金だけである。将来、自己に相続が開始したときにおいて、自己の保有するすべての自社株を後継者である子Cさんに相続させるとともに、子Cさんは、他の相続人に対して代償財産を交付するという代償分割を実施することを検討している。この場合、交付する代償財産の財源として、契約者(=保険料負担者)および被保険者を( ア )、死亡保険金受取人を( イ )とする終身保険に加入することは効果的である。

  1. (ア)子Cさん (イ)妻Bさんと子Dさん
  2. (ア)Aさん (イ)子Cさん
  3. (ア)子Cさん (イ)子Cさん
  4. (ア)Aさん (イ)妻Bさんと子Dさん

[正解]  (適切)

[解説]

特定の相続人に相続財産の大半(すべて)を相続させる場合、当該相続人の所有財産が不足していると代襲分割することができなくなる。そこで被相続人の死亡により当該相続人に死亡保険金が支払われる保険に加入すれば、代襲分割の資金にすることができる、

非上場会社のオーナー社長であるAさんの推定相続人は、妻Bさん、子Cさんおよび子Dさんの3人であり、Aさんの自社株以外の主な財産は、現預金だけである。将来、自己に相続が開始したときにおいて、自己の保有するすべての自社株を後継者である子Cさんに相続させるとともに、子Cさんは、他の相続人に対して代償財産を交付するという代償分割を実施することを検討している。この場合、交付する代償財産の財源として、契約者(=保険料負担者)および被保険者を( ア Aさん )、死亡保険金受取人を( イ 子Cさん )とする終身保険に加入することは効果的である。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!