2級FP過去問解説(学科)2021年9月【問題10】カードとローン

問題10

クレジットカード会社(貸金業者)が発行するクレジットカードの一般的な利用に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. クレジットカード会員規約では、クレジットカードは他人へ貸与することが禁止されており、クレジットカード会員が生計を維持している親族に対しても貸与することはできない。
  2. クレジットカードで無担保借入(キャッシング)をする行為は、貸金業法上、総量規制の対象となるが、クレジットカードで商品を購入(ショッピング)する行為は、総量規制の対象とならない。
  3. クレジットカードで商品を購入(ショッピング)した場合の返済方法の一つである定額リボルビング払い方式は、カード利用時に代金の支払回数を決め、利用代金をその回数で分割して支払う方法である。
  4. クレジットカード会員は、クレジットカード会社が加盟する指定信用情報機関により管理されている自己の信用情報について、所定の手続きにより開示請求することができる。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. クレジットカード会員規約では、クレジットカードは他人へ貸与することが禁止されており、クレジットカード会員が生計を維持している親族に対しても貸与することはできない。
  2. [解説]
    適切である。クレジットカード会員規約では、クレジットカードは他人へ貸与することが禁止されており、クレジットカード会員が生計を維持している親族に対しても貸与することはできない。

  3. クレジットカードで無担保借入(キャッシング)をする行為は、貸金業法上、総量規制の対象となるが、クレジットカードで商品を購入(ショッピング)する行為は、総量規制の対象とならない。
  4. [解説]
    適切である。クレジットカードで無担保借入(キャッシング)をする行為は、貸金業法上、総量規制の対象となるが、クレジットカードで商品を購入(ショッピング)する行為は、総量規制の対象とならない。

  5. クレジットカードで商品を購入(ショッピング)した場合の返済方法の一つである定額リボルビング払い方式は、カード利用時に代金の支払回数を決め、利用代金をその回数で分割して支払う方法である。
  6. [解説]
    不適切である。定額リボルビング払い方式は、あらかじめ毎月の返済額を決めて支払う方法である。たとえば毎月の返済額を10,000円とすると、10,000円を上回ることはないが、借入金額が増えるとなかなか返済が終わらない。

  7. クレジットカード会員は、クレジットカード会社が加盟する指定信用情報機関により管理されている自己の信用情報について、所定の手続きにより開示請求することができる。
  8. [解説]
    適切である。クレジットカード会員は、クレジットカード会社が加盟する指定信用情報機関により管理されている自己の信用情報について、所定の手続きにより開示請求することができる。これによりカードの申し込み者に関する信用情報に基づいて、クレジットカードを発行するかどうかを決定する。


[要点のまとめ]
カードとローン

    目次

  1. カードとローン

1 カードとローン

・クレジットカードは発行を受けた名義人以外(ご家族の方でも)は使用できない。名義貸などにより被害に遭われた場合も自己責任となる。
・クレジットカードは、カード会社から会員に貸しているもの。
・IC端末の場合は暗証番号、IC端末がない場合はサインが必要である。ただカードの加盟店によっては、少額であればサインレスで決済できる。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました