2級FP過去問解説(学科)2021年9月【問題11】生命保険の基礎知識

問題11

生命保険の保険料等の一般的な仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 収支相等の原則は、保険会社が受け取る保険料等の総額が、保険会社が支払う保険金等の総額と等しくなるように保険料を算定する原則をいう。
  2. 保険料は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料で構成される。
  3. 所定の利率による運用収益をあらかじめ見込んで保険料を割り引く際に使用する予定利率を低く設定した場合、新規契約の保険料は安くなる。
  4. 保険会社が実際に要した事業費が、予定していた事業費よりも少なかった場合、費差益が生じる。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 収支相等の原則は、保険会社が受け取る保険料等の総額が、保険会社が支払う保険金等の総額と等しくなるように保険料を算定する原則をいう。
  2. [解説]
    適切である。収支相等の原則は、保険会社が受け取る保険料等の総額が、保険会社が支払う保険金等の総額と等しくなるように保険料を算定する原則をいう。

  3. 保険料は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料で構成される。
  4. [解説]
    適切である。保険料は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料で構成される。

  5. 所定の利率による運用収益をあらかじめ見込んで保険料を割り引く際に使用する予定利率を低く設定した場合、新規契約の保険料は安くなる。
  6. [解説]
    不適切である。所定の利率による運用収益をあらかじめ見込んで保険料を割り引く際に使用する予定利率を低く設定した場合、新規契約の保険料は高くなる。

  7. 保険会社が実際に要した事業費が、予定していた事業費よりも少なかった場合、費差益が生じる。
  8. [解説]
    適切である。保険会社が実際に要した事業費が、予定していた事業費よりも少なかった場合、費差益が生じる。


[要点のまとめ]
生命保険の基礎知識

    目次

  1. 保険料の算定・構成
  2. 生命保険の契約
  3. 保険の見直し

1 保険料の算定・構成

 保険料の構成

保険料純保険料
保険金に充当される
死亡保険料
死亡保険金に充当される
生存保険料
生存保険金に充当される
付加保険料
事業費に充当される

2 生命保険の契約

 責任開始日
責任開始日は保険会社が負う責任が開始する日のことで、申込日、告知日、第1回保険料の払い込み日の最も遅い日から開始となる。

 保険料の払い込み方法
月払い・半年払い・年払いや一時払いがあり、まとめて支払うと保険料の割引がある。

 保険料未納時の猶予期間
(1) 月払い
 払込期日の翌日初日から末日まで
(2) 年払い・半年払い
 払込期月の翌月初日から翌々月の契約応当日まで

 失効と復活
失効は契約の効力がなくなることで、猶予期間を経過しても保険料の支払いがない場合は失効となる。復活は契約をもとの状態に戻すことで、告知をし、支払っていない保険料を支払えば復活できる。また復活後の保険料は従来の保険料となる。

 自動貸付制度
保険料の払い込みがないときや振り替えができなかったとき、解約返戻金を限度として、自動的に保険料が立て替えられる制度である。

3 保険の見直し

 保険金額の増減
保険金額を増やしたり、減らしたりする。保険金額を減らせば、その分、保険料が安くなるため、契約から時間の経過により不要な保障が発生している場合は減額により無駄を省くことができる。

 払済保険
これまでの解約返戻金をもとに、保険期間を変えず、元の契約と同じ種類の保険や養老保険に変更する。保険金額が減り、特約は消滅する。

 延長保険
これまでの解約返戻金をもとに、保険金額を変えず、一時払いの定期保険に変更する。保険期間は短くなり、特約は消滅する。

 契約転換制度
現在契約している保険を下取りし責任準備金や配当金をもとに新しい保険に買い替える制度である。転換後の保険料は転換時の保険料率が適用され、一般に、転換する際には告知または診査が必要である。

 契約者貸付制度
解約返戻金の一定の範囲内で、貸付を受ける制度である。


error:Content is protected !!