2級FP過去問解説(学科)2021年9月【問題27】金融派生商品等

問題27

金融派生商品に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 現物と反対のポジションの先物を保有することなどにより、価格変動リスク等を回避または軽減することを狙う取引を、ヘッジ取引という。
  2. ヘッジ取引には、将来の価格上昇リスク等を回避または軽減する売りヘッジと将来の価格下落リスク等を回避または軽減する買いヘッジがある。
  3. 現物価格と当該現物を原資産とする先物価格の間で価格差が生じた場合、割高な方を売り、割安な方を買うポジションを組み、その価格差を利益として得る取引を、裁定取引という。
  4. 先物の将来の価格を予想してポジションを取り、予想どおりの方向に変動したときに、反対売買を行って利益を確定する取引を、スペキュレーション取引という。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 現物と反対のポジションの先物を保有することなどにより、価格変動リスク等を回避または軽減することを狙う取引を、ヘッジ取引という。
  2. [解説]
    適切である。ヘッジ取引は、現物と反対のポジションの先物を保有することなどにより、価格変動リスク等を回避または軽減することを狙う取引のことである。

  3. ヘッジ取引には、将来の価格上昇リスク等を回避または軽減する売りヘッジと将来の価格下落リスク等を回避または軽減する買いヘッジがある。
  4. [解説]
    不適切である。売りヘッジは、保有している現物株について、将来株価下落が予想される場合、先物を売って価格変動リスクを回避することを意味する。株価が下落すると現物株は損となるが、先物を売って株価が下落したときに買えば、高く売って安く買うことになるため、現物株の価格変動リスクを相殺することができる。

  5. 現物価格と当該現物を原資産とする先物価格の間で価格差が生じた場合、割高な方を売り、割安な方を買うポジションを組み、その価格差を利益として得る取引を、裁定取引という。
  6. [解説]
    適切である。裁定取引は、現物価格と当該現物を原資産とする先物価格の間で価格差が生じた場合、割高な方を売り、割安な方を買うポジションを組み、その価格差を利益として得る取引のことである。

  7. 先物の将来の価格を予想してポジションを取り、予想どおりの方向に変動したときに、反対売買を行って利益を確定する取引を、スペキュレーション取引という。
  8. [解説]
    適切である。スペキュレーション取引は、先物の将来の価格を予想してポジションを取り、予想どおりの方向に変動したときに、反対売買を行って利益を確定する取引のことである。スペキュレーション(Speculation)は、「投機」を意味し、株価の変動を利用して利益を得る取引のことを指す。


[要点のまとめ]
金融派生商品等


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました