2級FP過去問解説(学科)2021年9月【問題40】法人税

問題40

決算書に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 損益計算書の売上総利益の額は、売上高の額から販売費及び一般管理費の額を差し引いた額である。
  2. 損益計算書の経常利益の額は、営業利益の額に営業外収益・営業外費用の額を加算・減算した額である。
  3. 貸借対照表の資産の部の合計額は、負債の部の合計額と一致する。
  4. 損益計算書の法人税等の額は、貸借対照表の純資産の額に税率を乗じて算出した額である。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 損益計算書の売上総利益の額は、売上高の額から販売費及び一般管理費の額を差し引いた額である。
  2. [解説]
    不適切である。損益計算書の売上総利益の額は、売上高の額から売上原価を差し引いた額である。

  3. 損益計算書の経常利益の額は、営業利益の額に営業外収益・営業外費用の額を加算・減算した額である。
  4. [解説]
    適切である。損益計算書の経常利益の額は、営業利益の額に営業外収益・営業外費用の額を加算・減算した額である。

  5. 貸借対照表の資産の部の合計額は、負債の部の合計額と一致する。
  6. [解説]
    不適切である。貸借対照表の資産の部の合計額は、負債の部と純資産の額を合計した額と一致する。

  7. 損益計算書の法人税等の額は、貸借対照表の純資産の額に税率を乗じて算出した額である。
  8. [解説]
    不適切である。法人税額の計算は、会計上の数値を調整して行われる(税務調整)。また貸借対照表の純資産の額は、会計上の利益でもない。


[要点のまとめ]
法人税

    目次


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました