2級FP過去問解説(学科)2021年9月【問題60】会社法

問題60

会社法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 公開会社とは、その発行する全部または一部の株式に譲渡制限のない株式会社のことであり、金融商品取引所に上場することが義務付けられている。
  2. 株式会社は、設立時に最低資本金額として100万円が必要である。
  3. 株式会社が取締役会を設置する場合、2人以上の取締役を置かなければならない。
  4. 株式会社が特定の株主から自己株式を有償で取得する場合、株主総会の特別決議が必要となる。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 公開会社とは、その発行する全部または一部の株式に譲渡制限のない株式会社のことであり、金融商品取引所に上場することが義務付けられている。
  2. [解説]
    不適切である。

  3. 株式会社は、設立時に最低資本金額として100万円が必要である。
  4. [解説]
    不適切である。

  5. 株式会社が取締役会を設置する場合、2人以上の取締役を置かなければならない。
  6. [解説]
    不適切である。

  7. 株式会社が特定の株主から自己株式を有償で取得する場合、株主総会の特別決議が必要となる。
  8. [解説]
    適切である。


[要点のまとめ]


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました